News

【食事から健康に】血糖値をコントロールする低GIの雑穀米とは?

健康志向の高い方たちの間で低GI商品が注目されています。

血糖値の上昇を穏やかに行う為、集中力の維持に繋がると言われています。
今回は、GI値のご説明と、当店で取り扱っている低GIの雑穀米についてのご案内をいたします。

低GIとは

GIは、Glycemic Index(グリセミック・インデックス)の略で、食後の血糖値の上がりやすさを示す指標のことです。

一般的な目安としてGI値が
70以上のものを高GI食品
56~69が中GI食品
55以下が低GI食品と分類されます。

同じ炭水化物でも、ソバやスパゲッティは低GI食品に分類され、白米や餅は高GI食品に分類されます。
カロリーや糖質量とは別の考え方で、低GI食品はお腹でゆっくりと消化と吸収がおきるので腹持ちがいいのが特長だといわれています。

低GIの考え方

私たちが食べ物を食べると、食品に含まれる成分が消化・吸収され、一部は糖分となり血液中を流れ、体中に届けられエネルギー源になります。
その際、血中ブドウ糖濃度の上昇に伴って、膵臓はインスリンと呼ばれるホルモンを分泌し、ブドウ糖の濃度が上がりすぎないよう、一定の濃度になるように調整しようとします。
低GI食品は、高GI食品に比べて食後の血糖値の上昇が緩やかになるので、身体へ負担をかけにくいというのがGIの考え方です。

インスリンの分泌が少ない、分泌のタイミングが遅い、インスリンの作用が低下するなどの理由から、うまく血糖の処理ができなくなると、血糖値が下がらなくなります。食後数時間たっても、血糖値が下がらない状態が慢性的に続くのが、糖尿病といわれる状態です。

また低GI食品を食べることで、「次の」食事の血糖値の上昇も抑えることが期待されています。(セカンドミール効果)

普通の雑穀米とどう違うの?

低GIブレンドは他の雑穀米に比べて発芽玄米比率が高めになっています。また、キヌアやアマランサス配合で気軽にスーパーフードを生活に取り入れることができます。

炊飯器で炊くときはお米1合に対し、低GIブレンドを1合加え、水を2合線まで入れて普通炊飯スイッチを入れるだけです。(早炊きはおすすめしません)

どのような効果があるの?

精白米に比べて、血糖値が急激に上がりにくいので、血糖値を気にしている方におすすめです。発芽玄米を中心としたブレンドになっているのでビタミンEやビタミンB1、カリウムやGABA(ギャバ)も豊富です。

低GIオリジナルブレンド

玄米たっぷりの低GI食品は食後の血糖値の上昇を穏やかにします。
玄米を生活に上手に取り入れて、健康な毎日を手に入れましょう。

【販売価格】

チャック付き袋大250g 990円
お徳用パック500g 1890円
お徳用大パック1kg 3290円

【原材料】

発芽玄米、大豆、丸麦、黒米、押麦、こんにゃく米、はだか麦、胚芽押麦、赤米、もち麦、緑豆、小豆、きび、黒豆、キヌア、ひえ、あわ、アマランサス、高きび、とうもろこし、ハトムギ、金胡麻

【炊き方】

①洗い流したお米1合と、低GI雑穀1合を炊飯釜へ(雑穀米は洗わずに)
②お水の分量は2合線まで入れて下さい。
④1時間~2時間程度、浸水させたら炊飯開始
※早炊きはお勧めしません。炊飯タイマーをご利用ください。
※炊き上がりが柔らかめが好きな方は4時間浸水
※炊き上がりが増える場合は、上記数量を倍にしてください。

味の感想は?

玄米臭さはなく、食べやすいと感想をいただきます。
あっさりとした味で少しパラパラした食感になるのでもっちり派の方は苦手かもしれません。
玄米を食べてみたいけど、炊くのが難しそう、玄米は硬いから…と悩んでいる方には一度試していただきたい商品です。

ご購入はこちら

↓こちらもご参考ください。
グルテンフリーについてはこちら

お知らせ一覧

所在地/静岡市葵区七間町6-5 石上ビル1F
TEL/054-686-2853
月・火・木・金/10:30-17:30
土・日/10:30-15:30
定休日/水曜日・不定期

BEAUTY & ZAKKOKU COCOØke(ココウーケ)外観